スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC 快楽天BEAST 2014年1月号 の感想

COMIC 快楽天BEAST 2014年1月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。

kairakutenbeast_201401_001.jpg kairakutenbeast_201401_002.jpg

表紙はHamao先生。巻末でも表紙連動で3ページカラー漫画が掲載されています。
安定のサンタコス…ではないだと?巻末の表紙作家のページを見ると、『10月号表紙の際、二人居る構図にしたかったのですが一人の構図になってしまったので、今回こそは描きました』とのこと。それなら納得。

kairakutenbeast_201310_00x.jpg

ちなみにその10月号の表紙はこれ。
タンクトップとホットパンツでは到底隠し切れないムチムチな躰が素晴らしい。コンセプトは『下品』だそうで。


kairakutenbeast_201401_003.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。


kairakutenbeast_201401_004.jpg kairakutenbeast_201401_005.jpg

かろちー先生の「悠々白書」。
カズキと幼なじみのユイと2人きりでエロゲーしてます。その上ユイちゃんはカズキのシャツを着ているという・・・
え?どうなったら2人、こんな関係になるの?俺のxx年ものCPUがショートしてまうがな。
「幼なじみキャラの私を果たしてあんたがコーリャクできるかなー?」と挑発し、69のあと大量に中出し%ぶっかけをきめます。
汁や汗での濡れっぷりに、かなりムラムラきます。その上最後のページでは褒めて欲しいがため着飾ってくるという、ユイちゃんの可愛さにもう脱帽です。

kairakutenbeast_201401_006.jpg

藤ます先生の「美女と野獣のクリスマス」。
ネトゲ大好きな引きこもりのところに、同じネトゲをプレイしているおとなりさんがサンタコスで突入してきます。
ネトゲでの役割を交代して、引きこもり→オーク、お隣→女エルフになりきりプレイを開始します。

kairakutenbeast_201401_007.jpgkairakutenbeast_201401_008.jpg

高貴な女エルフがおちんぽに堕ちるの図。藤ます先生のフェラ描写大好きだー!!!

kairakutenbeast_201401_009.jpg

濃厚なフェラの後には、『オークに犯されたい』だの『エルフを雌奴隷にしたい』だの、欲望全開でにゅぽにゅぽぱんぱんぐちゅぐちゅとセックス漬け。
こんな雌奴隷が私も欲しいです><ってか何でこんなおとなりさんがいるんじゃー!裏山!

kairakutenbeast_201401_010.jpg

小鳩ねねこ先生の「牧くんの災難」。
気の強いロングヘアーの彩乃ちゃんと、後ろで髪をまとめているリサちゃん。2人で合わせて三つ編みしているのか、とても仲の良いご様子。
学園祭でのコスプレ?の参加のため、被服部の牧くんに2人で衣装作成の協力を依頼します。
そして牧くんの家で2人の躰の採寸をとるという…上半身は下着姿ってところがそそりますなあ。

kairakutenbeast_201401_011.jpg

こんなシチュで勃起しない学生などいない!かわいい系の牧くんも、下半身は見事なイチモツをもっており、当然フル勃起。
股間の膨らみに気づかれ、タマ同時攻めフェラで一発目を吐き出したあとは、彩乃ちゃんに二発目中出しキメて、三発目は二人に交互にしてぶっかけ。
もともと二人とも牧くんのことが気になっていて、さらに最後に『また遊びに行ってもいいかしら~?』なんて、欲望が広がりング!
単行本で続き描きおろしてくれると嬉しいな。もちろん続編でもOK!

kairakutenbeast_201401_012.jpg

つかこ先生の「俺のセックスが江戸時代に負けるわけがない」。…これまたどっかで聞いたタイトルですね。
図書館でバイトするナオトくんと留学生のエリーちゃんのお話。エリーちゃんは春画大好きで図書館に通うという、現代の日本人と比べても見事な変態上級者。
春画は好きだが経験はなく、『国際的な自分は世界中で経験豊富』と見えを張る姿がまた可愛いですね!

kairakutenbeast_201401_013.jpg kairakutenbeast_201401_014.jpg

こんな可愛い子をほっとくはずもなく、書庫内で行為に浸るわけですが、エリーちゃんは春画に自分をフィードバックするというなんと見事な変態っぷり。日本人として尊敬します!
更には別の春画のようにナオトのペニスを舐め、道具のようにパイズリをさせられます。
顔射させられたこともあり我慢ができなくなり、スカートをたくしあげて膣内への社製をおねだりする姿がまた可愛い!!
図書館エッチの定番・本棚に手をついてもバックからの攻めで、熱く濃厚な精子を吐き出します。
最後のページで、事後処理中に春画を好きになった理由を聞くのですが、その理由がね。…もう、エリーちゃんマジ可愛いんじゃああああああ!!!

kairakutenbeast_201401_015.jpg

今月号には本作の他、綿貫ろん先生の「雪国LOVER」でも日本語ペラペラブロンド少女が登場しています。
金髪好きな方には今月号よさげですよ!

kairakutenbeast_201401_024.jpg kairakutenbeast_201401_025.jpg

212(にいいちにい)先生の「プラクティカルジョーク」。本作がデビュー作のようです。
幼馴染の姉ちゃんが自分の部屋を私物化。そんな彼女をからかうつもりで太ったと馬鹿にします。
その目でその手で確かめてみろと反論しますが、それだけで終わるはずはなく、嫌がる幼馴染とエッチ。
最初は嫌がるが、挿入が下手な弟分を誘導し、次第に感じていく過程がgood.

kairakutenbeast_201401_016.jpg

冬扇先生の「罵倒系カノジョ」。
彼女持ちの孝一くんが友人と、"かわいいメイドが罵ってくれるメイド喫茶"に入店します。すると迎え入れたのは孝一の彼女・ほのかで…。
お互い性癖を隠していたのが判明し、ドSなほのかちゃんとドMな孝一くんとの掛け合いが楽しめます。

kairakutenbeast_201401_017.jpg

ドMな孝一くんは見事に勃起し、店内での手コキ&黒ストごし足コキプレイで射精させられます。
その後ホテルにてほのか様の罵倒を聞きながらの濃厚な中出しセックスをします。
お互いSとMの性癖を隠す必要がなくなり乱れる姿が良し!
最後、恋人関係がご主人様と奴隷の関係になってて笑っちゃいました。
ほのか様ぐらいのS度なら、下僕になってもいい・・・


kairakutenbeast_201401_018.jpgkairakutenbeast_201401_019.jpg
kairakutenbeast_201401_020.jpgkairakutenbeast_201401_021.jpg
kairakutenbeast_201401_022.jpgkairakutenbeast_201401_023.jpg

他の漫画。実用性の高い漫画ばかりで、正直他のでも感想書きたいです。
(他の記事が溜まっているのでサーセン)


kairakutenbeast_201401_026.jpg kairakutenbeast_201401_027.jpg

次号の掲載作家陣はこちら。
見づらいところ補足すると、一番左下は表紙でシヒラ竜也先生、その右が比目魚(ヒラメ)先生。
右のページ、左下は赤城あさひと先生。NEWってなってるけど、新人か、それとも初登場ですかね。

次号は2014年1月14日(火)発売!


kairakutenbeast_201401_028.jpg

今週の三峯画伯


[ 2013/12/15 23:54 ] 快楽天BEAST | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/10-2b1e97b8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。