スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC 快楽天 2014年2月号 の感想

COMIC 快楽天 2014年2月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。


kairakuten_201402_001.jpg kairakuten_201402_002.jpg

表紙は前号に続き鳴子ハナハル先生。
巻末のカラーページを見ると、来月号でこの娘のお話が掲載されるのかな?

kairakuten_201402_003.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。
今回はちょっと少なめでご勘弁。


kairakuten_201402_004.jpg kairakuten_201402_005.jpg

八尋ぽち先生の「ひなちゃん おまちかね♡」。
彼氏が免許の合宿のため三週間不在でした。そんな彼氏とのエッチが待ち遠しく、電話中にいつもオナニーしていたという彼女・ひなちゃんのお話です。
明日は久しぶりに逢える!と思ったら彼氏の先輩と水族館でダブルデート・・・モブ顔カップルうぜええええ!
そんな状況もムラムラした若人の前には些末事、水槽の前でひなちゃんの耳を、膣を攻めます。
ひなちゃんがイッたところで、水族館のアシカショー開催の時間になり、周囲から人がいなくなります。
恥ずかしがり屋のひなちゃんにとっては絶好の好機。前日の電話で話した『コートの下何も着てこない』を一時的に実行し全裸コート姿でおちんぽを要求します。ビッチョビチョでマジエロいなもう。
おちんぽ中毒状態なひなちゃん、彼氏より先にイッてしまいます。潮凄え…彼氏も合宿行ってたんなら、その間ずっとオナ禁だったろうに。
そこでちょうど先輩たちが戻ってきますが、続行…!ひなちゃんの羞恥心を煽り、2度目の絶頂。最後はトイレの中で対面座位で射精。
こくまろミルク大量やでえ。事後の会話で二人とも電話中にオナニーしていたことが判明。エロカップルすなあ。

kairakuten_201402_006.jpg

ビスマルチョ先生の「彼女の知恵袋」。超大型新人デビュー!!!! ということで期待。
アイドルとして活躍中の彩夏ちゃんを4年間担当し続けたプロデューサー。
プロデューサーが風邪で熱を出してしまい、いつもお世話になってるからと看病を申し出る彩夏ちゃん。看病と聞くともうエロいことしか想像できないよ・・・
おかゆをこぼす(やけどはしてない)→すぐ拭きますから→チンコブルンッ はもはやお約束。もちろん火傷を気遣ってそのか細いお手手で触ってくれます。
『火傷って舐めると治りやすいって おばあちゃんに聞いたことがあります』おばあちゃんが言うなら間違いないな!口の中へ突っ込んだり反応を見ながらチロチロと舐めたり・・・おばあちゃんが言うんだから間違いない(断言)。
まあもう、プロデューサーさんも男ですし、彩夏ちゃんの善意を利用して自身の欲望開放へと動きます。
下から包み上げるようなパイズリと、胸を手で挟んで前からしごく縦パイズリで、腫れの原因を吐き出します。
え?まだ腫れが収まらない?『私のココで…わるいのを出して治してみませんか?』・・・こいつ確信犯や・・・
事後、パイズリをする動機の『柔らかいもので包むと火傷や腫れは治りやすい』というのは彩夏ちゃんがプロデューサーの気を惹くための嘘でした、と。かわいいねえ。

彩夏ちゃんが黒髪だったり、画風として、トーンやグラデーションを多く使う?かたなのでしょうか、他の漫画の絵と比べ暗めな印象を持ちました。
感じている表情も可愛くて、決して悪いということはないのですが・・・なんか陵辱モノのほうが雰囲気に合っているなと思ってしまいました。
でも個人的には陵辱モノよりは今回のようなラブエロものを次回に期待したいです。

kairakuten_201402_007.jpg

魚デニム先生の「びっちふらぐ」。ビスマルチョ先生の作品に続き、こちらも新人さんのようです。
チビで自分に自信のない田中くんですが、対象的な江口さんに憧れているご様子。ブルマニーソとかエロす。
田中くんの帰宅中、後ろから『だ~れだっ♡』のあと、欲しかったゲームを持っているからと、田中くんの家に上がり込みベッドを占領する江口さん・・・なんてご都合主義展開!
結果的に予備校をサボってしまったため、母親から隠れるためキャビネットに入る田中くんと江口さん。後ろから当てられる田中くんのデカチンに、江口さんのエロボディが反応します。カレシカワイソス
キャビネットの中で隠れながら1回目の射精、キャビネットから飛び出して、体勢を変えながら猿のように腰を振る田中くん。今でしょ!を体現するかのようなやりっぷりです。

大きく描かれたおっぱいやムチムチな躰、舌を出し感じている表情など、絵柄は光るものがあると思います。
2回目(最後)の射精があまり盛り上がり感じなかったり、ちょっと残念な点もありますが、これからの活躍に期待したいところです。


kairakuten_201402_008.jpgkairakuten_201402_009.jpg
kairakuten_201402_010.jpgkairakuten_201402_011.jpg
kairakuten_201402_012.jpgkairakuten_201402_013.jpg

他の漫画。
いーむす・アキ先生、こんちき先生、蜂矢マコト先生、そして櫻井エネルギー先生と、今号はギャグ多すぎい!


kairakuten_201402_014.jpg kairakuten_201402_015.jpg


次号の掲載作家陣はこちら。
次号は2014年1月29日(水)発売!


kairakuten_201402_016.jpg

今月号の三峯画伯
先生ってコミケ参加されているんですね。無知でサーセン。


[ 2014/01/03 22:02 ] 快楽天 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/17-018a7f2b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。