スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぷにかの の感想

ぴょん吉先生の1st単行本「ぷにかの」(ワニマガジン)の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。


Am○zonから発売延期の連絡が届かなくて、商品ページも更新されず、まだ発売されないのかと待ちわびた本単行本。
Tシャツから喋りかけてきそうな名前のこの先生のことはご存知なかったのですが、サンプルページを見ただけでビビっときちゃいましたよ!購入決定だ!と。
待ちわびた本単行本。以下感想です。


punikano_001.jpg punikano_002.jpg punikano_003.jpg

表紙と裏表紙。裏表紙は帯をとるとこんな感じ。
表紙には、「フカンゼンカゾク」の綾乃ちゃん、裏表紙は「ぷにカノ」の果凜ちゃんがそれぞれ飾っています。果凛ちゃんも美味しそうですが、ドーナツも美味しそう・・・
カバー折り返しは、「イツワリ姦ケイ」のリサちゃんと「とつげきサキュバス!ですの!」のサキュバスちゃん。
カバー裏、表紙側は表紙のラフ絵。裏表紙側は裏表紙のエロギャグにアレンジしたイラストです。


punikano_004.jpg punikano_005.jpg

目次。収録数は12作品、内1作は7ページの描きおろしで「フカンゼンカゾク」の続編となっています。
COMIC快楽天BEASTの2011年5月号から2013年8月号までの作品が掲載されています。
目次の娘は、花の髪飾りが違いますが「夢と知りせば」の夕七(ゆうな)ちゃんですかね?
(エロいけど)見てて辛そうな姿の上、なんか背景が花びらと血痕にみえるんですけど…


punikano_006.jpg punikano_007.jpg

巻頭カラーで始まる「くろシス」は巨乳姉妹とのお話。
須坂くんが住むアパートの一室。唯一不自由な点は、壁の厚さが薄いことでした。・・・両隣が可愛い姉妹とか、それだけで十分すきるぜウラヤマ。
両隣に住む安茂里姉妹。姉の美羽はフレンドリィだが妹の衣良は睨んできたりと、対象的に接してくる姉妹。
それもその筈、妹の衣良ちゃんは、お姉ちゃん大好きシスコンだったのです!百合もいいけど生産的に考えようぜ!(ゲス顔)
・・・姉に近づく悪い"虫けら"は、これまで衣良ちゃんが意図的に取り払ってきたようで。今回も須坂くんの部屋に入り込み、ちょっかいをしかけます。
しかしここで薄い壁先輩がいい仕事してくれます。エロビデオの音声が美羽の耳に届き、須坂くんと衣良ちゃんがエッチしていると勘違いした美羽ちゃんが、須坂くんの部屋に飛び込むなり好きだと告白します。大胆な告白は女の子の特権!
衣良としては止めたいところですが、姉に『もう衣良ちゃんよりも須坂さんの方が好きなの…ッ』と言われてしまい、部屋を飛び出してしまいます。大好きなお姉ちゃんからこの言葉は辛いっすね。
二人きりになった部屋で、須坂くんは美羽ちゃんの躰を触って、というか貪ってゆきます。
部屋に戻った衣良ちゃんは、薄い壁先輩越しにこれまで聞いたことのないような姉の喘ぎ声を聞き、自らの躰もまた反応してしまいます。
妹が自慰行為に耽っている声を壁越しに聞き、状態を察して、ひどい言葉を投げつけたことを謝ります。
最後は3人同時に絶頂に達しフィニッシュ。しかし衣良ちゃんはまだお姉ちゃんのことを諦めないという・・・メンタル強い娘は素敵です!
冒頭のカラーページはその後日談。相変わらず美羽ちゃんとはラブラブだが衣良ちゃんにはライバル心持たれているという。
姉妹との3Pエッチって二人とも好きってパターンが多いですけど、今回のような関係も良いなと。
本作品のカラーページはこの「くろシス」と目次だけ(あとカバー部)なのですが、ぴょん吉先生のカラーはグラデーションが綺麗でとても素敵ですね!モノクロの絵もかなり好きですが、カラーイラストももっと見てみたいです!

punikano_008.jpg

「ぷにカノ」はタイトルからお察しのとおり、ぷにぷにボデーなカノジョ、果凛ちゃんとエッチするお話です。なお単行本のタイトルと違いこちらは"カノ"がカタカナ。
果凛ちゃんはドーナツ大好き。彼氏の佑真くんがたくさん買ってくるもんだから、肉付きがよくなってしまったという。断れないくらい、好きなんですね~きっと両方とも。ツンデレな性格と相まって非常に可愛らしいです。
そんな果凛ちゃんに佑真くんは、ドーナツと一緒にエロ下着をプレゼント。当然エッチ目的です!
せめてもの抵抗か、『見るのも触るのも禁止だからねっ』と佑真くんに対して目隠しをしますが、寧ろご褒美です!!
自分のプレゼントしたエロ下着を着てくれた彼女が、嫌々言いながらも自分のオチンポをしゃぶってくれる…視界が遮られた分感覚が鋭敏になり・・・。
え?佑真くんおまんこの匂いを嗅ぎたい?・・・こいつ、わかっていやがる!きっと目隠しされるのも計算の上だったのでしょう。
『味わっているだけ』と結局シックスナインになり、双方同時にイキます。
目隠しをとってしまい、愛しの佑真くんに太った体を見られて泣いてしまう果凜ちゃん・・・(*´∀`*)カワイイ
佑真くんはと自分が肉付きがいいほうが好きだということ含め、励ましながらも果凛ちゃんの肉感的な躰の揉み心地を堪能します。
次第に我慢ができなくなり、挿入を求める果凛ちゃん。攻められ感じるMの本質を口では否定しながらも、感じている顔がまたエロい。
事後、体重が減っていたので『セックスダイエットしよう!』(要約)と言われ、まんざらでもない果凛ちゃん。これはいいツンデレ。
恋人の体格、というか脂肪のつき具合の好みは人それぞれですよね。この果凛ちゃんはデ○という訳でもなく、大抵の人は許容できる肉付きではないでしょうか。むしろ物足りないかたもいらっしゃるかも。

punikano_009.jpg

「夢と知りせば」。前2作がラブエロ甘々な内容でしたがこちらは苦いお話となっています。
オサレネームだがどちらかと地味目なメガネ君の一悟くん。クラスメイトの夕七(ゆうな)ちゃんと同じ委員会になったことをきっかけに、彼女のことを好きになります。
夕七ちゃんはで大人しいタイプの娘なのですが、勇気を振り絞り一悟くんへと告白します。
しかし、一悟の友人は夕七ちゃんを『あれが彼女じゃ恥ずかしい』と評しでおり、告白の現場にも偶然通りすがってしまう。友人への建前を優先してしまい、最低な言葉を投げかける。
ここまでが夏休み前の話。夏休みに入ってからの夏祭り、一悟が様子のおかしい夕七ちゃんとすれ違うところから始まります。
夕七ちゃんは年上の男達に調教されていました。人目の届かない林の中、躰を弄られ感じる夕七ちゃん。覗きがバレ、行為に参加させられる一悟。DQN達の思い通りにされる二人。
過ちを犯しながらも繋がることのできた彼女の胸中はいかなるものでしょうか。その後付き合って、というようにもいかないんだろうなあ。
ああ後味の悪い。よい子のみんなは自分の気持ちに嘘をついちゃダメだぞ!

punikano_010.jpg

「イツワリ姦ケイ」。幼いころ、彼女との大切な思い出。ハートフルな展開、と見せかけてこれまた胸糞な男のお話となっています。
時は経って学生になった少年。思い出の彼女・西条リサはクラスメイトで、ギャル系で、教師と関係を持っていた。そんな彼女に失望する少年。
教師との関係を目撃されたため、少年を屋上に呼び出して口止めを頼むリサ。会話の中でまだ彼女が処女だと察した少年は行動に出る。
無理矢理に口付け、肉棒を出し入れた顔を写真に撮る。思い出は忘れてしまうから、写真として記録するという少年。
激情を示すリサ。彼女は少年のことは覚えていなかった。無理矢理処女を奪い、精を膣に吐き出す少年。
気を失ったリサの痴態を写真に収め、思い出のように彼女と小指を結び満足する少年、でエンド。
・・・
・・・なんだこれ。胸糞すぎて淡々と書いちゃったよ!これ単純に人違いって可能性もありますよね?
よしんば名前覚えていたとかで本人だとしても、相手が覚えてないなら諦めろよ!男のヤンデレとか誰得だよ!
処女を奪われながらも感じてしまう姿は、確かにエロかったですよ。でもなあ・・・。読む度MPダメージ、辛いです。
前の「夢と知りせば」では、一悟の友人の会話で、西条先輩が教師とヤってたという噂話が出ていました。ネクタイが同じなので、前話と同じ学校みたいですね。

punikano_011.jpg

「おしごと❤ひめごと」。ファミレスの同僚で、年下の彼女・麻央ちゃんとのお話。
以前がっついてしまったせいで、避けられてる現在。仕事が終わってそろそろ帰るかというときに、無防備に寝ている麻央を見つける。
以前の失敗を思い出しつつ、ちょっと触るくらいならと麻央ちゃんの躰を触ってしまう。仕方ないよね!
まだ寝ているからと、胸を尻をとエスカレートしていき、秘部に指を入れて麻央ちゃんをイカせます。
絶頂の時点では既に目を覚ましていた麻央ちゃん。以前の反省もあり、謝る上田くん(彼氏)ですが、行為の続きを求める麻央ちゃん。カワイイ!
そして始める初体験。ファミレスの制服と揺れるおっぱいがエロ素敵。
以前の失敗時には、麻央ちゃん自身はびっくりして拒否してしまい、それ以来接しづらくなったため友人に相談して寝たフリ作戦をしたとのこと。
麻央ちゃんのその心情を知ると、事後の満ち足りた表情がとても素敵です。同コマの上田くんの後頭部辺りが黒く塗りつぶされているのが気になっちゃいますが(^_^;) (次ページへの場面転換ってことだと思います)
良かった…MP回復できた…。

punikano_012.jpg

お次は「わんわんらばー」。
いとこ同士の陽くんと真琴ちゃん。二人でのショッピング中、ペットショップの犬に夢中になってしまった陽くんを見て、真琴ちゃんはご機嫌斜め。
真琴ちゃんの部屋に来ても犬のことばっかりの陽くんに嫉妬して、『僕が陽ちゃんのわんこになるの!』犬的な行動をとり始めます。
陽くんは『どちらかというとネコっぽいが…』と評していますが、犬でもネコでもどっちもイケると思います!ボクっ娘だったり、四つん這いになった姿勢で乳首が見えたり、真琴ちゃんは素晴らしいですね!
さて、わんこになりきる真琴ちゃんは、陽くんの腹や胸を犬が懐いている・・・というよりは蛇がまとわりつくように舐めていきます。
耐えられなくなった陽くんは『犬なんだから…服なんて着てたら変だろ? なので服を脱ぐこと!』・・・と。(*´∀`*)b
本物の犬のほうがいいな~と言われてしまって、真っ裸になる真琴ちゃんちょろ可愛い。ホットパンツとパンツをまとめて脱いでいるのですが、既に糸を引くほど濡れている演出がニクイね!
その後はペットになった真琴ちゃんを膝に座らせ、胸を揉みしだきながらキスをしたり、攻守交代してシックスナインしたり。
エッチ中に母親が帰宅して焦る真琴ちゃんですが、好機とみて陽くんはバックから挿入。いいですね~先生流石です。
生意気なペットを躾けるため、『犬みたいに鳴けよ!』と言葉責めしたり、ご褒美をおねだりしたり。・・・素晴らしかったよ・・・
こういう主従関係ものは基本的に好きです。ただふと思ったのですが、本作みたいな"ペットと飼い主"なシチュを突き詰めていくと、○姦に至りそうで怖いです。

punikano_013.jpg

「気づいてほしいの!」は幼馴染で同じ園芸部の咲希ちゃんとのお話。
咲希ちゃんからは"まっしろ"と呼ばれている松代くんですが、下着を見せても気にしなかったり、友人がエロい目で見てたりと、やきもきしています。
部活動で水撒き中に水をかけてしまうが、なぜかノーブラ。部活見学に来たエロ友人には見せられないと二人で体育倉庫に隠れます。
胸を見られ、恥ずかしがる咲希ちゃん。普段パンツ見せてても恥ずかしがらないような彼女にムラっときてしまい、パイズリで顔射してしまいます。
我に帰った松代くんは着替えを持ってくるため体育倉庫から出ようとしますが、咲希ちゃんはそれを後ろから抱きついて引き止めます。僕も後ろから抱きついて欲しいです!
ずっと好きだったこと、えっちなことしてくれて嬉しかったこと、その気持ちを伝え、まっしろくんに唇を、処女を捧げます。
快感に我慢できない松代くんはそのまま出してしまいますが、まだ大きい姿を見て、咲希ちゃんのほうから騎乗位でもう一回戦始めます。そしてそのまま中出し。グッドコミュニケーション!
最後のページでは振り返る咲希ちゃんのシーンが。女性が振り返る姿は本当に絵になりますね。えっちなことを要求していて、恥ずかしがっている表情、なのかな?

punikano_014.jpg

お次は「Shape up!」。
充実した毎日を求める会社員の滝本くん。スポーツジムのインストラクター・リナさんに勧誘され、ジムへ通うことに。
新設したばかりの夜間コースのため他に生徒がいなく、指導というスキンシップの激しいリナさんと二人きり。
一生懸命なリナさんのことを考えてか、我慢する滝本さんは聖人ですね!私だと羨ましい・・・なんて性的な興奮を抱いてしまいます。
ある日、運動後にプールを利用するお二人。身体が締まったり、リナさんに会えたりと日常が充実してきたと感じるようになった滝本さん。ヨカッタネ!
競泳水着姿で迫ってくるリナさん。挑発的におちんちん舐め出した・・・かと思うと、次のページでは好きだと告白します。
『バカにしているんですかっ!』と言われ、涙目になってしまうが、それでも応えを求める姿にノックアウトされちゃいます!
浴槽内でのフェラのあと、我慢できなくなった二人は、正面から→背面立位→後背位で射精 と体位を変えながらのエッチ。
『これからも一緒に気持ち良い汗かきましょうねっ❤』・・・もう結婚しちまえ!お幸せになってほしいぜ!

punikano_015.jpg

「ばーさす」は掲載作品の中で一番古い作品となっています。あとがきでも先生が仰られていますが、本作や「Shape up!」は大分さっぱりした絵柄になっていますね。この絵柄もなかなか好きです。
憧れの先輩・ハルカさんに告白しようと映画館デートに誘うヒロくん。しかし当日、幼馴染で後輩の千夏もついてきてしまい意気消沈。
映画鑑賞中、ハルカさんのノーブラに股間を反応させてしまうヒロくん。それに気づいた千夏ちゃんが、ヒロ兄をとられないため既成事実をつくろうとおちんちんをポロン。
ハルカさんもそれに気づき、二人がかりでおちんちんを咥えて・・・他の観客に気づかれないように、二階席へと移動します。
移動後。他に客はいないのか、ハルカさん&千夏ちゃんは既に真っ裸。おいおい視覚的エロさが半端ないですよこれは。
ハルカさんにフェラやパイズリをしてもらいながら、千夏ちゃんを愛撫。ハルカさんはニコニコぽわぽわな雰囲気なかたですが、千夏ちゃんの弱いところを探るヒロくんにちょっと嫉妬?している描写が可愛らしいです。
パイズリで精を吐き出すと同時に千夏ちゃんをイかせ、抱き合う女性二人に交互に挿れながら、二人にぶっかけてフィニッシュ。
後日、ヒロくんを取り合うハルカさんと千夏ちゃん。二人とも映画館に誘ったり、また二階席で3人ですることを提案したり、ヒロくんが羨ましいですなあ。

punikano_016.jpg

「とつげきサキュバス!ですの!」。タイトルどおり"ですの"が語尾のサキュバスちゃんとエッチするお話。髪型がちょっと違うくらいで概ね、某ですの口調のキャラクターですね。
素敵な女性に迫られて・・・それが夢だと残念ですよね。(^_^;)そんな夢を見て目を覚ますと、布団の中に不審人物が。本人が言うには自分はサキュバス(夢魔の見習い)で、試験に受かるためにこの男性の精液を採取しにきたとのこと。
そんなですのちゃんに大人の厳しさを教えようと、自分の言うように舌を這わせたり、頭の角を掴んで口マンコしたりして口内射精します。
口に男性器を加え、興奮してしまったですのちゃんは、男性に膣や性感帯の尻尾をいじられて、イッてしまう屈辱を味わいます。『イカせる立場の私が人間なんかにイカされるなんて…!屈辱ですの…ッ!』と。言葉遣いがほんと黒○を連想しますね。
バカにされ怒髪天な男性は、挿入をじらしてサキュバスが自分からおねだりするようしかける。我慢できずおちんぽねだったですのちゃんの言葉と体勢がもうチンピクピクピクくらい刺激的です。
挿入中の絵もエロいのですが、中出し&残りを口で受け止めるページがわたし的に相当ポイント高いです。オチは・・・w あぁ~こんなサキュバスが現れてくれないかな~。

punikano_017.jpg

最後は「フカンゼンカゾク」。描きおろしで続編の「(フ)カンゼンカゾク」( (フ) には二重打ち消し線)も簡単にご紹介。
仕事から家に帰ると、邪険な態度の妻と避けるような目で見る娘。夫の戸倉さんには、妻子の待つ家庭が自分の居場所のように思えなくなっていました。おいおいせっかくここまでの話でMP回復できたのに・・・
そんな戸倉さんにとって、取り壊し間近の公園で時間を潰すのが日常化していました。そこに住み着いている女子校生・綾乃ちゃんも、母親に邪魔者扱いされて、家庭に居場所がない同士で共感し合います。
この公園で綾乃ちゃんといることが自分の居場所なのではと思うようになりました。
ある日仕事での移動中。数メートル先には妻子と、娘に『パパ』と呼ばれている男が仲睦まじそうに話していました。どうやら音楽活動している本当の夫の代わりに、戸倉さんをATMとして利用していたようです。
・・・
・・・(息継ぎ)糞女○ね!と言わずにはいられない。第三者である読者の私が見ても辛いこの状況、戸倉さんにとっては生き地獄かそれ以上でしょう。
茫然自失で仕事を終え、いつもの公園に足を運び、自分を心配してくれる綾乃ちゃんに思わず手を出してしまう。綾乃ちゃんは今度引っ越すため、今日で会えるのは最後だと告げます。
その最後の日に求められてとても嬉しいと。好きなようにしてほしいと。…かーーーーーッ!この子は天使じゃないですか!?
雪の降る公園、その遊具の内部での着衣セックス。お互いが抱き合い、向かい合い、密着しながらしている行為に、"愛"を感じます。・・・い、今ここで誰か凄くクサイこと言いませんでしたか!?ギップリャ!!
公園は取り潰されましたが、その場所で『おかえり』『ただいま』と言って再会する二人…ホント良かったね。ホロリ

描きおろしの「(フ)カンゼンカゾク」は、いよいよ○○する戸倉さんと綾乃ちゃんのお話となっています。
朝からおっぱじめやがって!どうか「PERFECT FAMILY」でありますように!!!



punikano_018.jpg

あとがきではゲストとしてmomi先生のイラストが掲載されています。ぴょん吉先生のコメントをみると、ピンチのときお仕事を手伝ってもらっているみたいです。
momi先生といえば最近、処女単行本の「恋色ているず」(ポプリコミックス)を発売されております。そのあとがきでも、ぴょん吉先生がゲスト寄稿されています。
また、Hisasi先生の3rd単行本「少女のトゲ」(ワニマガジン)でもぴょん吉先生・momi先生両氏のお祝いコメント&イラストが掲載されており・・・仲いいんだなーこのお二人。
この「ぷにかの」が気に入られたかたには、「恋色ているず」「少女のトゲ」もおすすめですよ。「恋色ているず」は修正も少なめですし。

本単行本ですが、絵柄の変遷はございますが全作品安定して画力が高く、抜ける内容となっています。抜き目的なら買って損はないよ!
ただ上記感想のように、読んでいて辛いお話もあるんですよね…。数にして3作品とどちらかというと少なめですし、ほとんどは意中の異性と繋がるので、気にされるかたは我慢して購入してもよいかと思います。それだけ実用性高めです。
またそれらの作品も登場キャラクターの心情と絡めた濃厚なエッチシーンが展開されますので、そういうのがお好きなかたでも満足される筈です。

本作品はぴょん吉先生の最初の単行本。…まだ1作目なんですよ…!?今後掲載される作品にも期待しています!
個人的には「くろシス」でコメントしたように、もっとぴょん吉先生のカラーが見たいです!


[ 2014/01/07 00:13 ] 単行本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/21-7791469c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。