スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC 失楽天 2014年5月号 の感想

COMIC 失楽天 2014年5月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。


shitsurakuten_201405_001.jpg shitsurakuten_201405_002.jpg

表紙はイノウエマキト先生。人妻エロスオーラぱねえええ!!唇を貪りたい!
さらに巻頭カラーでも4ページ。うわああああこっちの内容もやべえええ!!。

shitsurakuten_201405_003.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。


shitsurakuten_201405_004.jpgshitsurakuten_201405_005.jpg

utu先生の「愛してッ!シスター」。最新単行本は4/30(水)、もうすぐですよっ。
教会の金髪カタコトグラマラスシスター・ケイトさんのお願いで電球取り替え作業を行った相田さん。シスターの身体に欲情しつつ、教会のような神聖な場所で…!という気持ちが合わさった表情が、悩みがあるのだとシスターを勘違いさせてしまう。
告解部屋(懺悔室とは違うのかな?)へ連れてこられ、相田さんは思わずシスターへの想いの告白と、ズボンが膨らんだ股間部を突きつけてしまう。敬虔なシスターであるケイトさんも大人ですから、その辺りの理解はあり、手や胸、口でその欲望を開放してくれます。
ケイトさん本人としては神へ捧げた身として、それに人の営みに感心を持ちすぎていること、要するに自分のエロさを自覚しているので、貞操帯を身に着けていた。
これを見せれば前の男と同じように諦めるだろう、と少しは思っていたのでしょうが、相田さんには発情するのを我慢しているようにしか見えず、愛とかなんとか都合のいいことをいって、見つけた鍵を使い貞操帯を外します。
目の前にこんな女性がいれば、相田さんのような行動をとるのもわかります。ケイトさんだって、修道服の前を開け、貞操帯以外まっさらな身体を顔見知りの男に見せるなんて、誘っているとしか思えません。
おまけに鍵の場所だって、必死で握りこんだ十字架に何かあるように見えるし、貞操帯だって内側にマリア様を模した張型がついていて、常時インサート状態だし・・・。もう!もう・・・淫乱度振りきってますよこのシスター!
少し口で吸われただけで、自分から肉棒を誘い込み、突かれると何度もイッて、ぐちゅぐちゅに愛液を流し、射精されて打ち付けられた精子を堪能し、・・・。だから、淫らすぎるんだってばよぉ!
後日相田さんがまた教会を訪れると、告解室で中出しされて恍惚の表情を浮かべるシスター・ケイトが・・・。まさかこの淫乱シスターが責任者じゃないよな。とりあえず私の愛も迷い中なので、導くため是非教会の場所と連絡先を教えてください。(〃ΦωΦ)

shitsurakuten_201405_006.jpg shitsurakuten_201405_007.jpg

もんぷち先生の「舞卑女」。まいひめって読みます。来月号は表紙担当みたいですけど、3回ヌケちゃう表紙ってなんだよぉ!
後輩にも人気の新体操部の部長の真田ゆかちゃん。部長でありエースでもある彼女が転ぶ姿をニヤけ面で見る男子学生が一人。彼は部長の後輩の彼氏で、無理矢理後輩に援交させていた。後輩に相談された部長は二人を別れさせるため言いなりになっていた。そして部活中の今もアナルプラグを差し込まれていた。
男子学生と部長は空き部屋で二人きり、言葉責めしながら中挿を繰り返す。言葉責めの具合がいい塩梅ですね。レオタードを着て大勢の前で競技する新体操演者を変態と言い、真面目ぶっている部長を痴女と言い切る言葉選びがなかなかです。
自身の変態性を自覚しながら、チンコの刺激は強くなっていき、汗をかいて乳首が透けてくるところがイイ配慮。そこに件の後輩・みさがやってきて、彼氏の言うまま部長の様子を口にする。
それはもう見たままを正直に、遠慮なしに「先輩はすごく感じてると思う」と、憧れとは正反対の、徹底的に蔑んだ目が素晴らしいです。
無理矢理犯されている自分でも、自分を玩具のようにする男でもなく、第三者の後輩に言われたその言葉は彼女の中の快感を増大させ、飲み込まれていく。変態痴女と化した部長を犯し責め続けて、新体操の道具まで使って、それはもうみっともない姿に屈服させられる。
男子学生さえその姿に引いていて、実は後輩が部長を手に入れるために仕組んだことということがわかります。その二人の会話は部長に届いているのか・・・いい責めっぷりでした( ´∀`)bグッ!

shitsurakuten_201405_008.jpg shitsurakuten_201405_009.jpg

ブッチャーU先生の「ビッチハザード」。初登場って書かれてますけど、いろんなとこで活躍されている作家さんみたいですね!
とある商店街のタケちゃん少年は、一緒に育ってきた幼馴染みのハナちゃんに惚れています。しかし彼は、ハナちゃんがSEX大好きビッチ女であることを知ってしまいます。俺だったらこれ結構ショックだわ・・・。
きっと彼も落ち込みこそしたのでしょうが、なんとかしようと彼女を呼び出し、気持ちを打ち明けます。超ビッチ少女のハナちゃんとしてはエッチを抑制されるのは辛いので断ろうとしますが、それならば俺一人で満足させようと、タケちゃんも一念発起し、身体で証明しようと提案します。
以前からタケちゃんのタケちゃんに興味のあったハナちゃんは待ってましたと言わんばかりに服を脱ぎ出します。服の上からでもわかる胸の隆起は裸になることで抑えられていた姿を解き放ち、タケちゃんのタケちゃんに壮絶な刺激を与えます。
童貞でもなんとか快感に絶えますが、ハナちゃんのまんこに挿入を果たした瞬間に、我慢していた分大量に中出しします。それでも彼はメげずに、イッても持ち直して、ハナちゃんを満足させることに成功します。
彼女に認められたのも束の間、発情する度彼女とエッチしなくてはならないタケちゃんは必死で離れないようについていきます。そして彼は、【必死にセックスを学び経験をこなしていく事にしたのだ!】と決意します・・・・・・え?え?
手始めに彼は、ハナちゃんの母親、ハナちゃんに似て美人です!なその人と、セックスします。テクニックを学ぶため、主婦の会合にも参加させてもらい、多くの人妻へ手を出していた。自信をつけるタケちゃんはもっと多くの女をもとめるようになっていきます。
そして視点は変わり、タケちゃんを想う年下の少女のモノローグが流れます。ある日知ってしまった、彼が超ビッチ男であることを・・・。男でもビッチって言うんだね。少女が彼を正しい道に戻すことを決意してエンド。
ビッチがどんどん増えていく、まさにビッチハザードでした\(^o^)/この少女もタケちゃんとセックスして、ビッチ化するんですかね?初めてのエッチで晒すアヘ顔を是非見てみたいです。てか、ハナちゃんはいいんかい!片手間か!

shitsurakuten_201405_010.jpg shitsurakuten_201405_011.jpg

TANABE先生の「黄金体験!」。
尾崎敦也くんには外国人の親友・マイケル茅野をもち、彼をミッキーと呼んで親しくしています。ハハッ愛称だからしかたないね。ある日彼に夕食に招待してもらい、そこで彼の母親・ソフィーと出会います。
姉と間違える程若く美しいその人はフランス系アメリカ人で、日本に移り住んですぐに旦那さんを亡くしている、未亡人でした。ちなミッキーも超美少年。亡くなった旦那が日本人なら、日米(仏)のハーフになるのか。
三人で食卓を囲む中、親友の母親に見惚れる敦也くん。ミッキーの家に泊めてもらうことになっていて、彼との時間を遊び楽しみます。
そしてお湯を頂いているところに、ソフィーさんが背中を流しに入ってきます。緊張しながらもおもてなしを受けるが、こんな状況では仕方ない彼の屹立した姿を見られてしまう。両手で丹念に洗ってもらっているところに、胸でしてほしいとリクエストし、顔を赤らめながらも快く受けてくれます。
そのおっぱいスポンジの重量感はもちろんすばらなのですが、下腹部に押し付けられ、上を向いた綺麗な乳首がまたすばらです。ソフィーさんは旦那が亡くなってから、ミッキーが空回りして友達をつくれなかったこと、そのミッキーが今では敦也くんの話ばかりであることを告げ、そして自分も興味を抱いていることを告げます。
口の中に射精しただけでは物足りず、アソコにものをあてて自分の意思を告げると、ソフィーさんは受け入れてくれます。何年も男性を受け入れていなかったオバサンの身体と自称しているが、これは男なら誰もが求める身体でしょう。親友の母親であることはわかっていながらも、彼女を自分のものにしようとします。
脱衣所へタオルを持ってきたミッキーはお風呂場の異変を感じとり、中を覗くとそこでは親友が母親に種付ける瞬間でした。燃え上がる二人がラウンド2に突入するところに介入しますが、亡くした旦那以来の恋が目覚めた母親を止めることはできませんでした。
親友と口付けを交わすソフィーさん、母親の身体に夢中の敦也くんを見て、ミッキーは服を脱ぎ、敦也のことが好きなんだと宣言します。「はああああああああああーーーっ!!?」と驚く敦也くん、なぜなら男だと思っていた親友の裸が女のそれだったから。私も初見で同じようなリアクションでした。(´゚д゚`)1ページ見落としていたのに後で気付いたけど、この美少年を女だと疑いもしなかったよ・・・。
ソフィーさんにはミシェールと呼ばれているので、おそらく名前の綴りは"Michel"かな?この読み方が違っていたこと、日本語を覚える内に男の子っぽい口調になったことが原因で、ミッキー、ではなくミシェールも友達として仲良くするのに、話すことでもないと判断していたのが原因だったようで。
母親にとられないようにソフィーさんを押しのけて、親友に抱擁して気持ちを伝えます。親友の姿に愚息は肥大し、初めてのミシェールをソフィーさんがアシストしながら、処女姦通を果たします。痛がるミシェールは敦也の愛撫と言葉ですぐに霧散し、中出しした精子で満たされる子宮の感覚に顔を蕩けさせます。
彼のリビドーはまだ収まらずに、向い合って重なりあう母娘の身体を交互に味わいます。横文字になっているのは英語で話しているのかな?自分に理解できない言語で会話されるのは個人的には少々苛立ちますが、こんな内容だと知れたなら、そんな苛立ちなんてすぐに吹っ飛んじゃいます。
自分たちを貴方専用だと、孕ませるくらいの精液を求める二人に膣内出しして、フィニッシュになります。三人でお風呂場からあがり、寝室へ案内されるとそこには枕3つのおおきなベッドが・・・。顔を赤らめ、気持ち良くオモテナシをしようとする母娘に呆然・・・なエンドでした。
最後はご愁傷様、ですがこれは羨ましいなあ~(ノ´∀`*)


shitsurakuten_201405_012.jpgshitsurakuten_201405_013.jpg
shitsurakuten_201405_014.jpgshitsurakuten_201405_015.jpg
shitsurakuten_201405_016.jpgshitsurakuten_201405_017.jpg

他の漫画はこんなかんじ。


shitsurakuten_201405_018.jpg
shitsurakuten_201405_019.jpg

次号の掲載作家陣はこちら。

次号は2014年5月17日(土)発売!

shitsurakuten_201405_020.jpg

今月号の三峯画伯

[ 2014/04/28 01:00 ] 失楽天 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/53-2b79e907







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。