スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC ホットミルク 2014年6月号 の感想

COMIC ホットミルク 2014年6月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。


hotmiilk_201406_001.jpg hotmiilk_201406_002.jpg

表紙は織田non先生。イラストミニギャラリーは全4ページ、今月号の含めてなので物足りないね。巻末の1ページコミックはいい感じです。


hotmiilk_201406_003.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。


hotmiilk_201406_004.jpg hotmiilk_201406_005.jpg

紙魚丸(しみまる)先生の「コップの中の女王」。
「唯一の女性部員としてセックスヒエラルキーの頂点に君臨していたのだ」(原文ママ)・・・怖えええええ!まずこの考え方が信じらんねえ!そんな思考の大学一回生・藤代文子さん。中学・高校時代は周囲のせいで、男性との絡みに困っていたようで…。
男ばかりの漫研に入部し、猿山の大将気分を満喫していました。それも束の間、同じことを考えていた藤代曰く「クソ女」畔上が入部する。地味な女だからと侮っていたが、コスプレでほかの男子部員の支持を奪う。それならばと藤代もコスプレで対抗する。
お互いのコスプレはどんどん露出が増えてゆき、いよいよ限界に近づくところで、畔上が男子部員全員のチンポをしゃぶっていた。負けを認めそうになる藤代、「ここで勝つしかない!!」と決意し、漫研部員の童貞を奪って対抗しようとします。決意するところは格好いいんだけど、その前に”学内でも変人コスプレ女として認知されつつある”って前置きがウケますw
処女のくせに、畔上に対抗しようと我慢して結合する藤代。どうだと意気込んでも、畔上も既にほかの部員とヤッテおり、中出しも気にしない。負けたくない藤代も中出しさせ、サークルの頂点を切磋琢磨に争うーー!
最後の見開き絶頂シーンは迫力ありますね~。しかしオチは、女王二人の賢者モード(^O^)男どものなんとも言えない表情もやられましたww

hotmiilk_201406_006.jpg hotmiilk_201406_007.jpg

MGMEE(めぐみぃ)先生の「視線でeyeしてる!」。久しぶりの登場らしいです。もっと見たいです!
大学生たちの集まり、後輩の高橋千佳ちゃんは先輩を待って居残る。やってきた裕太先輩に悪態をつきつつ、好みのタイプの話をして、隙を見せたかと思えばからかって続けたり。開始早々このやりとり!いいよキュンキュンしちゃうよ!他の先輩は苗字呼びなのに、裕太先輩は既に名前呼びさせてるところもいいよ!
実は好みのタイプにストライク、だけどこっちの顔をみようとしない千佳ちゃんに、先輩は攻めの行動を見せます。唇を奪うと異常な反応を見せる千佳ちゃん。本当に気絶したのか、胸を揉んでから、キスをする直前で抵抗を見せると、先輩は不器用な言い方ながらも告白する。
恥じらい顔を赤らめながら胸をはだける千佳ちゃん、これはもうOKのサイン…!行為の最中に千佳ちゃんは、先輩と目が合うと快感を覚えることを発見する。バレたくない千佳ちゃんは必死で顔を見ないように注意を払います。火照った顔で目を逸す姿……内に昇るこの感情…そうか、これは"萌え"だ!(今"萌え"なんてめっきり使いませんよね(ノ∀`))
いよいよ挿入、先輩の顔を見ないように、初めてをバックの姿勢で誘い、先輩のものを受け入れる。初めてのちんこ体験ながらも声が出るほどに感じてしまう。先輩が千佳ちゃんの顔を見るために体勢を変えると目が合ってしまい、その快感も重なってしまう。
先輩も千佳ちゃんの反応の正体に気づき、機転を利かせ嘘をついて目を合わせる。千佳ちゃんはちんこと視線の両方の快感に溶けてしまう。その快感は「おなにーとせっくすいっぺんにしてるみたい」「なかそと両方すごいのお」と言うほど。
事後、目のことを話すと先輩はずっと目を見れないのかと残念がるが、千佳ちゃんは「コレの時だけは目合わせていいですから…」といってくれる。つまりそういう関係になってオッケーってことですよね!口を尖らせた表情も可愛いよ!

hotmiilk_201406_008.jpg hotmiilk_201406_009.jpg

しんどう先生の「sisters confilict」。[The First Part]ということで、もしかしたら4回くらい続くかも?
いきなり汁描写ふんだんの騎乗位だあー!優しそうな男性・圭太くんが幼なじみの茜ちゃんに攻められています。両腕を首の後ろで縛られているようで身体を動かせず、せめて言葉では抵抗の意思を示すものの、本人のマゾ資質によるものもあり結局のところ茜の膣内へ出してしまう。射精音って興奮するよね!
実は圭太は茜の妹の葵のことを想っていて、茜はその気持ちを知りながらも圭太のことが好きで、こんな手段をとっていた。だからなんか、個人的には茜ちゃんも憎めないんですよね…。
圭太の想い人の葵も、実は圭太のことを想っていた。しかし姉の茜と付き合っていることを知っており、この日も二人の情事を覗きながら一人慰めていた。まだ知らない男性器の味を想像しながら、代わりに自分の指を舐めるもやはり求めるのは圭太のおちんちんだった。
圭太への想いを諦められない葵だが、茜から生理が来ていないことを告げられる。いよいよ圭太が姉のものになることに焦りを感じた葵は、圭太の部屋を訪れ、彼を押し倒す。あどけない顔して葵ちゃんがとった手段はNTR!なかなかやるじゃないか!(ノ´∀`*)
人の好みはそれぞれで、読者から見れば茜ちゃんも葵ちゃんもどちらも美人ですけれど、地味めな葵ちゃんは茜と比べて容姿にコンプレックスを持っていました。でも自分の武器といえる、服の上からもわかるその巨乳を使って圭太に迫ります。
自分のアソコを圭太の顔に当てながら、その巨乳のパイズリで念願の圭太のおちんちんと精子を味わいます。葵ちゃんの手に収まらず溢れるおっぱい・・・すごく、おいしそうです・・・。
好きだった葵にこんなことされて、圭太もただされるだけでなく、アソコを激しくしゃぶりそして、葵のことが好きだったと告白します。我慢できずいきなり挿入れるけれど、葵のアソコは既に潤っており、破瓜以上の快感と好意を精液と一緒に受け止める。つーか精液の描写凄え…こういうプリっぷりした精液大好物です。
気持ちの通い合った二人は話し合う。姉の気持ちも蔑ろにはできず、ひとまず現状維持の対応をとろうとするが、茜がその会話を聞いていた。ところでTo be continued. 作品によってはみんなで明るくハーレムルートなんでしょうけど、この作品は修羅場の匂いがプンプンするぜぇー!
来月号の予告に先生の名前がのっているので、来月号が楽しみです。"SPECIAL SHORT COLOR PLUS"ってことは、カラー込みってことですよね?カラーでも見れるなんて嬉しいねえ!!! と思ったら、巻末コメントのところには「今回の話の後編が8月号頃に載る予定らしい」そうで…となると次号ではカラーでエッチするだけとか?


hotmiilk_201406_010.jpg hotmiilk_201406_011.jpg
hotmiilk_201406_012.jpg hotmiilk_201406_013.jpg
hotmiilk_201406_014.jpg hotmiilk_201406_015.jpg
hotmiilk_201406_016.jpg

他の漫画はこんなかんじ。めそ…ゲフンゲフン



hotmiilk_201406_017.jpg hotmiilk_201406_018.jpg

巻末カラーの快楽美少女図鑑は、山崎かずま先生と うそねこ先生のお二方です。
うそねこ先生は来月号からショートコミックが連載されるそうですよ。一年間読者プレゼントコーナーの短編を描かれていましたが、どうやらカラーになるのかな?


hotmiilk_201406_019.jpg hotmiilk_201406_020.jpg

次号の掲載作家陣はこちら。
次号は2014年6月2日(月)発売!


hotmiilk_201406_021.jpg

今月の三峯画伯。

[ 2014/05/12 02:07 ] ホットミルク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/58-a7fcffaf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。