スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC ポプリクラブ 2014年7月号 の感想

COMIC ポプリクラブ 2014年7月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。


potpourriclub_201407_001.jpg

表紙はトモセシュンサク先生。今号の表紙の娘は一段と巨乳…な気がする。


potpourriclub_201407_002.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。


potpourriclub_201407_003.jpg potpourriclub_201407_004.jpg

あゆま紗由先生の「June Princess」。今号が初の巻頭カラーらしいのですが、次号予告を見ると、なんと来月号も巻頭カラー。ポプリクラブでも初めてっぽいそうです。そして9月には初単行本!いいね楽しみだね!
カラーは4ページ。金髪健気なお嬢様!肉付きもええよええよ!されど背丈や内面はこどもっぽい、そんな両家のお嬢様の姫子ちゃん。彼女に仕えるお世話役の平太くんにべた惚れです。誕生会のドレスを似合うと言ってもらっては喜び、お見合いの話が出ると、ふてくされたり。小動物的な可愛らしさがオーバーフローしています(;゚∀゚)=3
その彼女が言うには婚約者がいるらしいのだが、幼いころから傍に居た彼ですら、その存在を知らなかった。そこに彼女は「平太の赤ちゃんができれば(婚約のお話を)断れると思わない?」と提案してくる。平太くん、金田一ばりに「!?」出てるよ!
でもこれは、彼女が勇気を出したアプローチ。それを子供扱いしてごまかす彼に、顔を赤らめながらも自分の胸に手を置かせ、結婚や婚約者の話を振り返しながらも、強引の唇に自分のものを重ねる。今度はおとなのキスをすると、彼は胸に置いた手に力を入れ胸を揉み、同時に柔らかく溶けてしまったかのように姫子お嬢様の表情も変わる。
必死で大人ぶって、ズボンを開けて彼の勃起チンコを奥までしゃぶるお嬢様、その様子に彼も攻め気になってしまい、彼女の濡れそぼった秘所をかき回すと、彼女が再びチンコを舐めて、二人は同時に絶頂を迎えてしまう。でも赤ちゃんをつくるにはなかじゃないと、と甘えねだるお嬢様に、断ることができようか。いやできまい。
まだ幼さの残る彼女の秘所へ1期に男根を突き立て、激しく腰をたたきつける。出し入れする最中に彼女は口を滑らせ、膣内出しした後に、婚約者が自分であったことを教えられる。幼い頃からお嬢様と知り合い…勝ち組じゃないですか!( ´゚д゚`)
10年前の子供の口約束を信じて、ずっと想いを膨らませてきた姫子お嬢様、嗚呼~可愛すぎんよ~~。約束を忘れていた平太くんにすねて、枕に顔を埋めていますが、そこをバックからハメていく。口では怒りながらも、甘い声が同じくらい溢れてきて、もう素直になりきれないとこも可愛い。最後は着床上棟な勢いで2度目の腟内出しでフィニッシュ。オチで最後まで言い切らないところもよかったです。こんな娘なら、お嬢様でなくたってお嫁さんにしたいです><

potpourriclub_201407_005.jpg potpourriclub_201407_006.jpg

恵田真芽先生の「ココロマニアック!~姫乃とイチャエロ催眠H編~」。○○編とありますが、ご丁寧に柱コメで"3号連続"と明示してくれています。
幼い頃からいつも一緒にいたあの恥ずかしがり屋が、今ではテレビ越しに見る人気アイドルに。そんな彼女・姫乃ちゃんは目の前にいて、下着を着けずに秘部を見せ、エッチなことを求めてくる。この目の前の彼女は、催眠術で悩みを開放した姿だった。
そもそも淳一青年もこういうことを目的にして催眠術をかけた訳ではなく、幼馴染の姫乃ちゃんの、抱え込む性格を心配してのことだった。催眠術は成功、悩みを開放した彼女が真っ先にしたことは、幼馴染の淳一への想いを打ち明けることと、アイドルであることがそれを妨げていることだった。
想いをぶつけた彼女は服を脱ぎだし、身体で繋がることを求めてきた。両想いであることを知った淳一くんも告白し、そのまま何度も膣内射精したーーそうだ。問題は、催眠術が解かれると術中のことを忘れてしまっていたこと。結局アイドルである彼女のことを気遣い、言えなかった。
しかし結局、彼女の想いを利用し、何度もセックスした。結局現在まで、言おう言おうとして快楽に流されている、というところでつづく。
今回を前編とすると、中編で問題発生、後編で解決&エピローグ。な展開を予想していましたが、次回は新キャラが出るらしいんですよね。個人的にはちっぱいちゃんがいいな!

potpourriclub_201407_007.jpg potpourriclub_201407_008.jpg

ばにら棒先生の「びしょぬれ」。
クールなお嬢様といった出で立ちの女の子・花梨ちゃん。彼女の恋人らしい夕少年がお屋敷に招き入れられると、彼女の部屋には何故かパンツが落ちていた。まるでブービートラップのような落ちっぷり…。彼氏が手にとったところを見つけてしまい、クールとは思えないほど盛大に顔を赤らめます。
なんでも夕くんのことを想うとすぐに濡れてしまうらしく、慌てて脱いだのだそうな。そして今もと、とろとろに濡れた下半身をスカートをたくしあげて、見せつけます。彼は屈みこんで、濡れた所を丁寧に舐めてゆきます。今度は俺の方もと、勃起ちんぽを彼女の大っきなおっぱいで挟んでもらい、舌と一緒にご奉仕します。
なんか、1ページめの印象がすっごくクールな印象だったんだけど、エッチシーンは完璧に、鬼畜系眼鏡の青年にラブラブご奉仕する、えっちなお嬢様って印象です。
パイズリぶっかけで口に出された精液を飲み終わると、彼女のおまんこは一層濡れていた。意味をなくしたパンツの代わりに、自分のえっちな穴を貴方のおちんちんで塞いで欲しいという……素晴らしい誘い方です。
一段と濡れている彼女の腟内は、どうやら「私の部屋に」「夕がいて」「私のベッドでエッチなことして」『まるで結婚したみたい』という理由らしい。彼に本心を言い当てられて、それだけで気持ちが昂ぶり、絶頂してしまった花梨お嬢様。可愛すぎ、同意です!
そのまま計3回とも、膣内射精を果たします。オチは、彼女の家族と夕の4人で食事する最中にも、彼女のパンツが濡れてしまって…という終わり方なのでした。跡継ぎと孫ができるよ!やったね!


potpourriclub_201407_009.jpg potpourriclub_201407_010.jpg
potpourriclub_201407_011.jpg potpourriclub_201407_012.jpg
potpourriclub_201407_013.jpg potpourriclub_201407_014.jpg

他の漫画はこんなかんじ。


potpourriclub_201407_015.jpg potpourriclub_201407_016.jpg potpourriclub_201407_017.jpg

次号の掲載作家陣はこちら。
次号は2014年7月1日(火)発売!


potpourriclub_201407_018.jpg

今月号の三峯画伯。

[ 2014/06/10 01:32 ] ポプリクラブ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/66-34635ac3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。