スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC 快楽天BEAST 2014年7月号 の感想

COMIC 快楽天BEAST 2014年7月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。


kairakutenbeast_201407_001.jpg kairakutenbeast_201407_002.jpg

表紙はHamao先生。先月号に引き続き、今号ではHamao先生のイラストカードが付属しています。


kairakutenbeast_201407_003.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。

kairakutenbeast_201407_004.jpg kairakutenbeast_201407_005.jpg

みくに瑞貴先生の「オトコまさり矯正作戦」。先生が原画を務めるエロゲ「えろらぼ」が7月の25日に発売です。低価格商品なので試しに購入というのもアリだと思います。
人懐こそうな見た目の沙羅ちゃんがボロアパートに住む幼馴染みのヤス兄の元を訪れる、その目的は「セックスしてくれ!」?何言ってんだと扉を閉めようとするも彼女の馬鹿力に阻害される。仕方がないから理由を尋ねると、お嬢様学校に通いながらも振る舞いがガサツで、退学の危機に陥ってしまったそうな。おおう、お嬢様学校って厳しいんだな。
で、友人にアドバイスを求めると 男性を知ることが近道、と教えられて、手っ取り早い相手として幼馴染みがチョイスされた訳だった。彼女は力ずくで、小さいままのヤス兄チンコをしゃぶって、精液を飲もうとする。沙羅ちゃんは口で精液を飲むことで赤ちゃんができる =セックスと勘違いしていた。
それに気づいたヤス兄は、まるでコウノトリを信じる少女にポルノを突きつける快感を得るような、沙羅ちゃんのパンツの上から脱がしてからそのワレメをいじりだす。自分でも弄ったことがなく、未知の感覚に迫られる上、本当のセックス<男のチンポを女のマンコに入れる事>を教えられる。さっきまで自分から迫ってきたのに、想定外のことに怯える姿が可愛いね!
脚を大きく広げられ、正常位で一気に奥まで挿れられて、処女を失った沙羅ちゃん。泣き顔がそそりますね(*^_^*) 身体を持ち上げられ今度は対面座位に。奥が弱い沙羅ちゃんに深くあたり、絶頂を迎えてしまう。マンコから盛大に吹き出してイッてしまい、終わりにしたかった沙羅ちゃんだがそうは問屋がなんとやら、まだイッていないヤス兄が、力のはいらない沙羅ちゃんのお尻を掴み、後ろから挿しこんでいきます。
バックから攻められながら、いつも生意気なお前には膣内に出すと言われ、「ごめんなさい」を連呼する沙羅ちゃん。ああいいよ!そそりまくりです!後背位から少しずつ体勢を変え、最後は背面座位で中出し。奥の弱いところを疲れて、イキ顔がいいですね~。オチまで含めて良かったです(^o^)v

kairakutenbeast_201407_006.jpg kairakutenbeast_201407_007.jpg

稲戸せれれ先生の「レモンイエロー」。「久々登場」なんてアオリ文があるので調べてみると、先生の個人サイトを見るに2013年9月号以来の掲載のよう。あのときのナースものも良かったです!
小さい頃から一緒に遊んでいた、幼馴染みのはるくんと雫ちゃん。次第に雫ちゃんははるくんに惹かれていき、今では好意を自覚している状態。その想い人は今両親の海外出張のため一人暮らしという状況で、お弁当を作ったり、家の者が不在なのに家にあげさせてもらえたり、通い妻というやつですね!ちょういいこじゃないですかー!
ある日、雫ちゃんははるくん不在の家に上がらせてもらうが、尋常じゃない汚さに辟易。そこで見つけたのはエロ本だが、その内容が普通じゃなかった。帰宅したはるくんに問い詰めたその内容は放尿シーン。はるくん的には現実にお目にかかれないものをエロ本で保管するという、なんとも理論的な言い分だが、雫ちゃんとしてはそのまま引き下がれない。冗談で迫ってきたはるくんについ見せると言ってしまう。
いきなりは出ないという雫ちゃんに、出やすいようにと胸や秘部を触っていくはるくん。彼に促されるまま、ベッドで仰向けになる彼の上でおしっこする。嬉しそうに受け止めたり、イケメンながらも変態性の高いはるくんいいいですね!後始末に舐められてイッちゃう、ちょろかわ雫ちゃんとの相性が凄い高く感じる。さすが幼馴染み。
我慢できなくなったはるくんからエッチしたいと申し立て、二人は結ばれる。以後関係も進展したのだが、雫ちゃんはおしっこするとこを見せることに悦びを感じるようになってしまい、彼につられ自分もヘンタイになってしまったというエンド。清楚に見える女の子も、こうやって変わっていくんだな(ΦωΦ)

kairakutenbeast_201407_008.jpg kairakutenbeast_201407_009.jpg

Pennel(ぺんねる)先生の「ボクの視線×キミの視線」。羞恥系作家だと?恥ずかしがる女の子って素晴らしいと思います!
恋人同士の二人だが、彼女は肌を見られるのが恥ずかしいらしく、かわいらしい顔も長い前髪で部分的に隠してしまっている。彼氏としてはなんとか関係を進展させたいがため、アプローチをしかけていく。
膝枕を希望した彼に、彼女は顔を近くで見られるのが恥ずかしくて、うつ伏せになってもらう。これで平気なのかと問いかける彼に、恋人同士だからと笑顔で応える彼女。思わずおっぱいを触ってしまうがイヤガラない彼女。しかし胸を露出するようにすると急に逃げる彼女。もちろん彼としては、このまま引き下がれない。
後ろからならいいと、タートルネックのセーターの下から生乳の感触を堪能する彼氏。おっぱい好きな彼に、パイズリをしてくれる彼女。しかし徹底して肌は見せず、セーターの首元から亀頭を出して、吐き出された精液を口で飲み込む。
チンコを出してくれた彼に、勇気を出して下腹部を見せて挿入をせがむ彼女。正常位で挿れると、欲のままごく自然にセーターをまくりあげる。おっぱいを見られて恥ずかしがる彼女は彼に飛びつき押し倒す。割りと大柄な印象の彼女に押し倒され、顔がゼロ距離なら見られる心配はないと彼女が積極的になって腰を振っていく。
今度は気持ちいいように動いていいよと、ベッドにうつ伏せになる彼女。お尻を見られるのは今のところセーフのようで、彼は何も言わずに後ろから犬のように腰を打ちつけていく。彼女の言葉のまま、密着して中出ししてフィニッシュ。彼的には考えていた以上に関係が進展してしまったようだが、自分が彼女の顔だけ見られるようになればいいからと。エッチを経たけど結果的に望んでいた関係になった。ということで、お互いに気持ちを交わし合ういいカップルですね~。

kairakutenbeast_201407_010.jpg kairakutenbeast_201407_011.jpg

森野カスミ先生の「なかよしの秘密」。新人さんですね。お世話になります!
隣家に引っ越してきて1年のルカちゃんと仲良くなりたい少年こと三浦誠司くん。しかしルカちゃんはツンケンとした性格で、これまで挨拶程度しか接することができなかった。確かにこんな美人とは仲良くなりたいものですよね。
ある火ルカちゃんのお母さんにパソコンの修理を依頼されたらしく、これを機にルカちゃんとの距離を縮めようと奮起する。しかし、部屋着のルカちゃんの姿見ておっ立てんなよ(;´Д`)
いざルカちゃんの部屋でパソコンの操作を行っていると、ルカちゃんの自画撮りエロ写真を見つける。…PCの修理、というかメンテナンス作業ってあんまりやったことないんですけど、さすがにこれ、ルカちゃん迂闊すぎじゃね?(;´Д`)
しかしそれも納得、ルカちゃんは結構なレベルのアホの子でした。自分のエロい写真を見られる→誠司くんのチンポにチューしながら写真を撮って(しかも目線アリ) 脅す という訳のわからない行動をとる。
写真を見たことでルカちゃんに殴られた誠司くん、当然頭にもくるわけで、訳のわからない脅し方をするルカちゃんの頭を押さえつけ、口の中と顔にぶっかけます。普通なら怒ってもよさそうですが、自画撮り写真のことがよっぽど気にかかるのか。「今日のことを全部黙ってくれれば 最後まで付き合ってあげても…」と相手のエロい要求にも意外と積極的な(しかし反抗的な)態度を見せます。
そしてまずは、対面座位で挿入します。エロいだけじゃなくて可愛いのが個人的にポイント高いです!そして言葉責めしながら、抽挿を激しくしていきます。写真を撮った目的とか、ドMとか、言われる度に表情は更に蕩け、最後は中出しされ、自分もイッてしまいます。嗚呼、こんな娘思い通りにできたらさぞ優越でしょうね。
オチは、ルカちゃんが誠司くんのセフレ化して、M気質を開花エンド。
にしても個人的には、エロだけじゃなくて可愛い絵柄がポイント高かったです。しかしひとつ気に食わないのが、モノローグ?キャラクタの心理描写の文章です。四角とかで囲っている訳じゃなく、画の上にそのまま文字があって。男女区別なしに書かれているし、文章自体なんか惹かれないし。まあ個人的に気になっただけなので。


kairakutenbeast_201407_012.jpg kairakutenbeast_201407_013.jpg
kairakutenbeast_201407_014.jpg kairakutenbeast_201407_015.jpg
kairakutenbeast_201407_016.jpg kairakutenbeast_201407_017.jpg

他の漫画はこんなかんじ。
お便りコーナーの、東大ゆみたか編集のおまけ漫画が終わってしまうようでちょっと寂しい。


kairakutenbeast_201407_018.jpg kairakutenbeast_201407_019.jpg
kairakutenbeast_201407_020.jpg kairakutenbeast_201407_021.jpg

次号の掲載作家陣はこちら。
来月号はイラストカードつかないようですが、増ページとなっています。
次号は2014年7月14日(月)発売!


kairakutenbeast_201407_022.jpg kairakutenbeast_201407_023.jpg

48手紹介コーナー「BEAST48」の今月の担当は、初単行本を発売したばかりのオクモト悠太先生。
今回は立っている女性の背後から片脚を上げさせて挿入する"後ろ矢筈"。テニスルックということから、テニス中にムラムラしたんだろうなーと想像を駆り立ててくれます。(^_-)-☆

kairakutenbeast_201407_024.jpg

今月号の三峯画伯

[ 2014/06/19 03:25 ] 快楽天BEAST | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/69-99cca21b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。