スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TiTiKEi(通常版)の感想&初回限定版との比較

石恵先生の1st単行本「TiTiKEi」(通常版)(ワニマガジン)の感想です。
初回限定版は購入済みなのですが、つい買ってしまいましたので、双方の特徴も含めてご紹介してイキたいと思います。

成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。
まずは比較を。

初回版は2013年 7月31日に、
通常版は2013年11月30日に発売されました。
定価はそれぞれ税込み 2500円/1365円。
また初回版は既に販売終了しているようなので、これからの入手は難しいと思います。

TiTiKEi_005.jpgTiTiKEi_006.jpgTiTiKEi_008.jpg

表紙。左が初回版(シュリンク有り)、真ん中と右が通常版。右は帯なし。
どちらもIROIROシリーズの智恵ちゃんですね。

TiTiKEi_001.jpgTiTiKEi_007.jpgTiTiKEi_009.jpg

裏表紙。通常版の表紙裏表紙は描きおろしらしいです。

初回版のシュリンク包装にはToLOVEるダークネスでお馴染み矢吹健太朗先生の推薦文が寄せられています!

 「間違いなく女体表現の一つの到達点!!エロいってすばらしい!!!」

流石矢吹先生。ジャンプSQだったかの巻末コメントで石恵先生と親交があることが判明しましたが、是非コラボ作品を見てみたいものですね。できればカラーで。
通常版の帯で表紙・裏表紙の下半身がうまいこと隠れています。個人的な好みをいうと、パンストは好きだけど、表紙の絵なら生足のほうが良かったなあ。

TiTiKEi_010.jpg

また帯の折り返しはカラーのおっぱい特集になっています。乳首も谷間も、あるんだよ。
カバー裏は、初回版が帯折り返しと同じくおっぱい特集(表紙裏表紙とも)。通常版は初回版の表紙裏表紙になっています。

TiTiKEi_002.jpg TiTiKEi_011.jpg

初回版にはピンナップポスターがついています。そのポスターの表・裏のイラストが、通常版の中表紙とあとがき後にそれぞれ掲載されています。
通常版のあとがき後の乱交イラストは、初回版ポスターに比べおにんにんの黒海苔ぼかしの量が多くなっています。
また初回版中表紙は智恵ママの入浴絵になっていますが、通常版では奥付ページに丸窓で上半身だけが掲載されている状態です。

初回版の目次は濡れ透けのおかっぱちゃん。通常版の目次はオナニー中の白ストツインテちゃんです。
(私が見逃していなければですが、)双方とも、もう片方には掲載されていないイラストとなっています。

また、初回版には過去のホットミルクの表紙など、石恵先生が各所でご活動された際のイラストが掲載されておりますが、通常版にはそれらがありません。
COMIC X-EROSの表紙以外のイラスト、漫画「くぱたん」(電撃萌王掲載)については初回版のみの掲載のようです。

TiTiKEi_003.jpg TiTiKEi_004.jpg

左が初回版、右が通常版。
発売した時期の関係か、通常版のほうが黒海苔による修正が多く濃くなっています。
多くて濃いのは白いものだけでいいですよ全く。プンプン
【追記】画像にぼかしを入れたため、比較できなくなりました。

あとがき+あとがき用イラストは最後のサインを見るに、それぞれ描きおろしのようです。


とりまとめ、それぞれのメリットを挙げるとこんなところでしょうか。

【初回版】
・でかい。迫力がある
・通常版にないイラストが多い
・黒海苔による修正が少ない、薄い

【通常版】
・コンパクトな分長時間読みやすい
・初回版より安価
・表紙や目次など、初回版にないイラストも若干ある

大きく内容が異なるということはなさそうですので、どうしても初回版を手に入れたいという方以外は、通常版のみの購入でよいかと思います。
既に初回版を持っている方は、通常版は購入しなくてもよいかと。もちろん両方買ってもいいと思います!



では内容の感想を。

目次を見るに、2004年11月から描きおろし(2013年の、6月頃でしょうか)までと約9年間の作品が掲載されています。
新旧様々な作品が掲載されており、初期のころから石恵先生を知る方には正に念願の単行本ではないでしょうか。
ただやはり旧い作品については最近に比べるといささか荒い絵柄ですので、合わない方もいらっしゃるかもしれません。

さて、石恵先生と言えば『石恵塗り』と呼ばれる独自のカラーイラストが特徴的ではないでしょうか。
通常版もカラーページが多いため、通常の成人向け単行本に比べると少々高価になりますが、その価値のある内容です。

TiTiKEi_018.jpg TiTiKEi_019.jpg
TiTiKEi_020.jpg

これですよ!?このおっぱいですよ!!?素晴らしいじゃないですか!エクセレントですよ!
・・・人によってはテカりすぎていやーという方もいらっしゃるようですけどね。私はこの方のカラーイラストが大好きなのです。
個人的にはも少し背景も描いてほしいですが・・・石恵先生の持ち味を削ってしまいそう。

内容は、1対1、も1対多(男/女)も、多対多もあります。カラー作品が多いので、普通の単行本と比べると少ページ多作品な構成です。
無理やりする強姦ものもなくはないですが、女性側も満足しているものもあるので苦手な方でも読めると思います。
少なくとも私は読んでいて引くような冷酷無惨な展開の作品はございませんでした。

TiTiKEi_021.jpg TiTiKEi_022.jpg
TiTiKEi_023.jpg

そして"ぶっかけ"です。私はぶっかけが大好きです。己の精液で女性の顔を、胸を、お腹を、女性器を、肌を白く染め上げるという征服行為。その行為に興奮しない男が果たしているでしょうか。いやいない(筈だ)。
なので一人(自分)が一人または複数の女性に大量にぶっかけるというシチュが私的に至高です。多人数でのぶっかけにも興奮してしまうのは仕方のないことです。
ちょっと私語りになってしまいましたが、石恵先生の作品はぶっかけものが多いです。ぶっかけ好きで、これまで万が一にも石恵先生を知らなかった方は是非読んで頂きたい。

TiTiKEi_012.jpg TiTiKEi_013.jpg
TiTiKEi_014.jpg

前半の半分程は妹・智恵とのエッチを描くIROIROシリーズとなっています。
描きおろしもこのシリーズで、4ページで智恵ママとのエッチが描かれています。
この智恵ちゃん、おっぱいの大きいツンデレ妹ちゃんです。かわいい。
父親が登場していないので義理の妹という可能性もありそうですが、きっとこの巨乳は母親の遺伝だ!そう!近親ものだ!
親子丼エッチも是非見てみたいです。

TiTiKEi_015.jpg TiTiKEi_016.jpg
TiTiKEi_017.jpg

後半は過去の単品や、フルカラーのすったもんだシリーズになります。
美味○んぼのパロは笑っちゃいました。ザーメンがおまんこの中でシャッキリポン!
すったもんだシリーズはヒロインの姉妹がどっちも可愛くて好みなので、もっと見てみたいと思ってしまいます。なので通常版裏表紙の描きおろしは嬉しい!
おっぱいもいいけどちっぱいもいいよね!

TiTiKEi_024.jpg

ぶっちゃけてしまうと、TiTiKEiは『エロければいいんだ!』という、ストーリーとかは気にしない方におすすめです。
カラーでのエロ漫画・イラストを見たい方、巨乳好き、ぶっかけ好きの方々には買って損のない内容だと私は思います。





[ 2013/12/08 22:40 ] 単行本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/7-467c923b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。