スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC 失楽天 2014年8月号 の感想

COMIC 失楽天 2014年8月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。


shitsurakuten_201408_001.jpg shitsurakuten_201408_002.jpg

表紙はピエールのらの先生。カラー4ページの「姦全無料!」も掲載されています。てかムダ毛くらい自分で処理しろし!

shitsurakuten_201408_003.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。


shitsurakuten_201408_004.jpg shitsurakuten_201408_005.jpg

utu(うつ)先生の「桃御の大きな樹の下で」。
舞台は昭和初期の日本である。今2014年で平成26年で、昭和がだいたい63年までだから80年くらい昔ですね。明治時代の文明開化に始まり、西洋の文化が日本に浸透するころでしょうか。和洋両立しているイメージで、なんというか憧れる時代でもあります個人的に。
そんな日本のとある町に、「桃御(ももご)」と呼ばれる集落があり。散歩相手のワンコに連れられて、純情そうな男性教師が出会ったのは、大人びた一人の少女だった。次第に彼女に惹かれていくが、彼は桃御がどのような場所か知り、彼女が「客」の相手をしていることを知ってしまう。
まず距離を置いたのは彼のほうだった。二人が毎日出会い、言葉交わしていた一本松の下に彼がくることはなくなり、そして彼女も諦めてしまった。
彼は親から教員になるように教育を受けていたのだろうが、彼本人は小説家になりたがっていた。おそらくそのどちらも、身に入らぬようになり、彼は決心した。
彼は彼女の「客」として再会する。そして、教職に就いて、彼女の身請人となり、祝言を挙げたいことを告げる。存分に体を重ねる二人だがそんな時間は長くは続かず、最後に彼女は、彼とはもう会わないと話す。
なんでも「先生の給料で見請けしようとおもったら、私はおばあちゃんになっちゃう」そうだ。只々自分のためだけに教師先生となるよりも、自分のことなんか忘れて、夢を追いかけてほしい。別れを告げる表情には笑みと涙で覆われて、彼の気持ちに喜ぶも別れを切りださなければいけない悲しみが伝わるようです。…悲恋にも憧れるなんて、罪深い。
オチは…不審なとこ、というか編な想像もありますが、これだけで十分と思えるグッドエンドで良かったです。

shitsurakuten_201408_006.jpg shitsurakuten_201408_007.jpg

うるう島呼音先生の「異文化交流」。
人見知りなカヤちゃんの家に気さくマッチョな外国人のデイブがホームステイにやってきた、というお話。どうでもいいがカヤちゃんの部屋Tのセンスがいいwwww
ホームステイの常識を私はよく知らないのですが、ホスト側が食事をゲストに振る舞うなどの、両者の取り決めがあるようですね。カヤちゃんの両親もデイブに食事を提供しているのですが、彼の滞在期間に夫婦揃って旅行に行ってしまい、カヤちゃんが仕方なく対応しなければならない状況になってしまいます。
まあ、男ならデイブの立場になったら、ヤルことはわかっているよね。といってもデイブは強引ながらも紳士的な対応。ジャパニーズメイドコスチューム、裸エプロンとカチューシャ、黒ニーソをカヤちゃんに着せます。そして自分は適当な理由で裸になり、カヤちゃんの体を攻めていきます。
デイブの巨根におびえてしまい、先に出させてやる気をなくす作戦にでようと、フェラを申し出るカヤちゃん。…甘いよカヤちゃん…その対応で失敗した先人がどれだけいるやら…。
懸命なフェラチオの結末は、喉奥までデイブにチンコを挿れられて射精させられるという結末に。そしてあんなに頑張ったフェラチオも、デイブにとっては火を大きくするだけの結果に終わる。うつ伏せに寝そべったお尻へ激しく突き立てられ、さらには持ち上げられて、家の洗面台の鏡で自分の醜態を見せつけられてしまう。中出しされた精液は自分のと混ざって、洗面台を汚す。どうやらデイブは家中にこの匂いを染み付かせるつもりのようで・・・外人ぱないっす。
オチは、デイブが帰国してすぐにまたホームステイに少年が訪れ、その少年にカヤちゃんが自分から文化を伝えようとする、というエンド。人見知りだった娘があんなに積極的になって…!どう考えてもグッドエンドですありがとうございました。

shitsurakuten_201408_008.jpg shitsurakuten_201408_009.jpg

まー九郎先生の「Sweets!4」。大体シリーズものって4話で終わる印象。
今までのお話では、中年教師が製菓部の生徒をひとりずつ犯していく、というお話でした。今回はその総決算、4Pハーレムのお話です。お相手は「素直でちょろい娘」「ツンデレアナル」「デキル部長」の3人だが、部長だけキャラ付け微妙じゃね?
しかしまあ、自称日本一かっこいい中年だけあって、精力はかなりのものです。2人を両脇に抱き、部長にはフェラで全身を汚す。次はアナルを開発されたツンデレちゃんとアナルセックス。淫れないよう抵抗するも、、結局屈服してしまう、強気娘はアナルが弱いってやつですね!
ちょろ娘ちゃんと部長を両腕に抱いて、自分の脚に二人の股をこすらせる。そして二人を貝合わせさせて、間に挿入。美少女二人のサンドイッチとか夢のようじゃあ。二人の間で腰を振った後は、部長へ中出し。こういう出すときだけ挿れるっていうの結構好きです。
そしてまだ、先生の中年デカチンコを挿れられていないちょろ娘ちゃんは、今か今かと期待しながら奥まで挿れてもらい、Pスポットを刺激されながら、共に絶頂、中出しされます。1ページまるまる使った絶頂シーンがエロいっすね~。
そしてさらに3人を代わる代わる犯す、夢のようなシチュエーション。男の夢ですね~。オチはとくにひねりもなく。これでシリーズ終了かな?


shitsurakuten_201408_010.jpg shitsurakuten_201408_011.jpg
shitsurakuten_201408_012.jpg shitsurakuten_201408_013.jpg
shitsurakuten_201408_014.jpg shitsurakuten_201408_015.jpg

他の漫画はこんなかんじ。


shitsurakuten_201408_016.jpg shitsurakuten_201408_017.jpg

次号の掲載作家陣はこちら。
次号は2014年8月16日(土)発売!

shitsurakuten_201408_018.jpg

今月号の三峯画伯。

[ 2014/07/30 01:00 ] 失楽天 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/80-f07ac289







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。