スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMIC 快楽天BEAST 2014年10月号 の感想

COMIC 快楽天BEAST 2014年10月号 の感想です。
成人向けの内容を含みますので、18歳未満の方は閲覧をお控えください。



kairakutenbeast_201410_001.jpg

表紙はReDrop先生。日焼け跡よりもさらに面積の小さい水着を来てM字開脚+手に持ったマイクと舌との間で唾液の糸が引いているという見事なビッチちゃん。にしても表紙に書いてあるこの歌詞まさか編集さんが考えているんでしょうかwwww


kairakutenbeast_201410_002.jpg

今号の掲載作家陣はこちら。以下、一部漫画の感想です。

kairakutenbeast_201410_003.jpg kairakutenbeast_201410_004.jpg

長頼(ながより)先生の「Summerりみっと」。
やっぱり競泳水着は最高だぜ!な水泳部で口論する男女が。セックスしたがりな発情猿のくせに、肝心なところで失敗してヨーコちゃんに呆れられるコータくん。「欲求不満で怒っているの?」なんてデリカシーのない彼に素晴らしいコークスクリューがヒット。・・・なんだか既に、ケンカするほど仲が良い 感が出ています(*´∀`)
「もう別れてやる」なんて言ってますが、女子シャワー室に乗り込んできた彼に詰め寄られまんざらでもなさそう。ちょうど他の女子部員が顔を見せたので、二人で個室に隠れると身体が密着し、お互いの水着越しに股間が擦れあう。
ちょうどヨーコちゃんの帰り支度を待っていた女子部員が先に帰り、身体も疼いて我慢できなくなったヨーコちゃん自らコータくんのおちんちんを求める。競泳パンツからビンビンの勃起チンポを取り出され、舌でちょろちょろ舐め軽く口で先っちょを咥えただけでコータくんは射精してしまう。これは笑いものレベルの候wwww
それでも「もっとしてあげる」と先程までの態度が不思議なくらい献身的にお口でしゃぶってくれ、コータくんに頭を掴まれて無理矢理口内射精されても、こくんこくんと飲んでくれる。
身体の熱が収まらずにおちんぽを求めるヨーコちゃんは可愛くてたまんないっすね~。口で2回も射精してもらって、割りと余裕のあるコータくんも張り切って、3回目の射精を彼女の膣内へ出し、それでも腰を振り続け、4回目の射精とともにヨーコちゃんも絶頂してフィニッシュ。
冒頭の険悪な雰囲気はどこに消えたのか、最後は、二人腕をくんで、夏休みの予定なんか話し合ってエンド。このリア充が!青春っぷりが眩しいんだぜ・・・。

kairakutenbeast_201410_005.jpg kairakutenbeast_201410_006.jpg

七原冬雪先生の「直情姫と貧弱王子」。鮮烈新鋭デビュー!!ということで、なかなか期待できそうな画力で期待です。
「王子」の彼は佐藤康政くん(なんか普通にありそうな名前だと不安になるお)。"王子"なんてタイトルにもあるけどそんな身分でなく(容姿は王子っぽいですが)、バイト帰りに「姫」の椿ちゃんが不良に絡まれているところを目撃してしまい、スルーしようとするが結局やけくそで間に入り、不良に一発殴られて気絶してしまう。
椿ちゃんはそんな彼を家に連れていき介抱しますが、なんでも日本屈指の大富豪・二階堂財閥の娘さんらしく、少し常識とズレたこの娘は彼にお礼がしたいと詰め寄ります。そこで彼の荷物に入っていたBEASTが見つかってしまい、中身を読んだ椿ちゃんに、物ではなく奉仕による「お礼」を求めていると勘違いされてしまう。・・・つまり、BEASTをカバンに入れておけば、大富豪のお嬢様とするチャンスができる訳ですね!
お嬢様らしく(?)ちょっとわがまま、というか強引に、康政くんはベットに座らされ、椿ちゃんにオチンチンを取り出されます。性体験のなさそうな彼女ですが、真っ先に舌をあて、さきっぽを咥えてくれます。(;゚∀゚)=3
息子の先端を咥えられて思わず反応してしまう康政くん。その反応に椿ちゃんは不安に焦ってしまいますが、先程のBEASTを参考書に、胸も使ってオチンポへご奉仕してくれます。初エッチのアシストも果たせるなんて、快楽天BEASTは流石だなあ!(ステマ)
そこで一回射精するが、まだまだムラムラは収まらない。精液を顔にかけられ、その熱を心地よく感じ、しかし節目がわからずもう一度胸と口の奉仕を続けようとする椿ちゃんを、康政くんはベッドの上に押し倒し、彼女を求めます。
ご奉仕を続けようとする彼女を口づけで制し、相手がお嬢様とかその後のこととか気にせず、「椿ちゃんが欲しいんだ」その言葉を告げて彼女も初めてながら応じてくれます。
不良に絡まれていたところを助けてくれた康政くんは、椿ちゃんにとっては王子様で、彼の肉棒が彼女の仲を満たし、恍惚の表情を浮かべる。・・・可愛いお嬢様に○○様なんて様付けで呼ばれてご奉仕されるなんて、男としては至上の喜びなんじゃなかろうか。ようするに裏山!全国の佐藤康政くんめえ~!
彼女を気遣って最初はゆっくり動くけれど快感の波に流され、思うように腰を動かしていく。破瓜の痛みは段々と快感に上書きされて、またシてくれるといってくれる彼に抱きつきながら、二人一緒に絶頂してフィニッシュ。
オチはほんわか系。二階堂財閥のトップで、見た目コワモテな椿ちゃんのお父様に「婿殿」と紹介されるが、父親はめちゃくちゃあっさり認可。でも貧相と言われ、二階堂家のSPに連れられて、「二階堂に相応しい男」にされるのでした・・・。
・・・よかったです!こういうちょいコメディ色のある作品大好きです。今後に期待ですね~( ・`ω・´)

kairakutenbeast_201410_007.jpg kairakutenbeast_201410_008.jpg

さんろく丸先生の「アクメるNo.1!」。
女子バレー部のメンバーのサヤちゃんは最近調子がでない。部にはコーチがいるのだが、サヤちゃんは雰囲気が怖いからとあまり積極的に指導してなくてw マネージャー?にもちゃんと指導するように言われ、コーチは”秘策”で以って対処しようとする。
その”秘策”とは・・・やっぱりえっちいことでした!体育館で一人居残り練習するサヤちゃんに声をかけ、凝視したり柔軟運動でサヤちゃんにエッチなことをします。最初はエロい視線にも強気に抵抗していたサヤちゃんが、コーチの(嘘の)言葉を信じて従順になっていき、そしてブルマ越しにワレメをいじられてイッてしまいます。
そこで我を忘れていたことに気づくコーチ。「教え子に手を出した先人達がどうなったか俺は知っている…!」Yes!温故知新!捕まって臭い飯を食べたがる男がどこにいるのか。
しかし予想と反しサヤちゃんの反応は、ブルマをパンツごと脱いで、コーチの行動に身を任せようとしていました。こ、これはかわいい!(@_@)
まんぐり返しさせられて、指と舌で簡単にまたイッてしまうと、コーチはチンポを取り出しサヤちゃんの中に挿れようとします。サヤちゃんもこれってセックスなんじゃと訝しむけれど、コーチのチンポから出るミルクが乳酸に効くからと嘘を並べられる。
でもただ騙されただけじゃないですよ。コーチは「なによりさっきより気持ち良くなる・・・かも い…嫌か?」と、無理矢理でなくサヤちゃんの答えを聞いて、…まあ気持ちよくなるってことのほうに反応したのかもですが、ともかくコーチのチンポを受け入れようとします。
バレーやっていて下半身の筋肉が発達していて、その狭さと締めつけにコーチは満足。サヤちゃんは何度も喘いでコーチミルクを中に出してもらいます。
その後調子を取り戻すことができたサヤちゃん。コーチに感謝の言葉を述べるけれど、そのときに「コーチミルク」なる単語をマネージャー?に聞かれてしまった、というオチでした。コーチミルクを巡ってこのマネージャー?さんや他の部員と取り合う、なんて展開は・・・あったらいいなあ(^_^;)

kairakutenbeast_201410_009.jpg kairakutenbeast_201410_010.jpg

いちこ先生の「ひねもすのたり」。どういう意味だろう?とググってみたら、「終日(ひねもす) ゆったり(のたり)」といった意味らしいです。
「精液の味って覚えるものか」・・・彼氏と彼女の紫苑ちゃんはそんなことを疑問に思い、二人で実践してみようとする。ちなみにきっかけは彼氏のエロ本です。
二人が都合良く一日中一緒にいれるのは二週間に一度。その日を「セックスの日」として、これまで2日に1回はシテいたような二人はセックスの日までは我慢するようになった。
そしてセックスの日は、二人とも発情してそのことしか考えられなくて、家の鍵を開けるのにもつまずくほど。二人が家に入り、扉を閉めると、紫苑ちゃんは早速脱いでセックスをねだる。
まず中出しされ(冒頭のシーン)、膣内の精液を擦りつけようと指でかき回されてイッてしまう。そのときに潮を吹き出して中出しした精液がこぼれてしまい、彼氏はまた、紫苑ちゃんの中に注ぎ込みます。
その後はダイジェストで、二人の営みが描かれます。二人は家の中でほぼ全裸で、キッチンやトイレ、至るところで精液を浴びせる。最後はスタンダートに中出ししてフィニッシュ。・・・しかし何回射精したのやら…。
一日中ヤっててほとんど食事してなかった紫苑ちゃんが最後に「…君の味 おいしかったよ❤」のセリフで〆。こんなこと言ってくれる彼女とかいいよね!


kairakutenbeast_201410_011.jpg kairakutenbeast_201410_012.jpg
kairakutenbeast_201410_013.jpg kairakutenbeast_201410_014.jpg
kairakutenbeast_201410_015.jpg kairakutenbeast_201410_016.jpg

他の漫画はこんなかんじ。
見なおしていて気づいたんですけど、いちこ先生の作品の他に、智弘カイ先生の作品でもヒロインの名前が紫苑ちゃんでした。ところでDTB3期はまだなんでしょうか…( ◎д◎)しょおー


kairakutenbeast_201410_017.jpg kairakutenbeast_201410_018.jpg
kairakutenbeast_201410_019.jpg kairakutenbeast_201410_020.jpg

次号の掲載作家陣はこちら。
次号は2014年10月14日(火)発売!


kairakutenbeast_201410_021.jpg kairakutenbeast_201410_022.jpg

今月の「BEAST48」の担当は夏桜(かざくら)先生。
繊細は今号で「ひなのぬれぬれLOVE」という作品を掲載されていて、その作中に登場する陽菜ちゃんがひも水着を着て、対面座位の一種「帆かけ茶臼」でエッチしています。女性の重心が後ろよりの対面座位って考えていいかな?

kairakutenbeast_201410_023.jpg

今月号の三峯画伯。

[ 2014/09/23 10:52 ] 快楽天BEAST | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://notasterism.blog.fc2.com/tb.php/96-503f6538







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。